関節治療の専門医に聞いてみました!

第103回 これからひざの手術を受ける方必見!
   入院~手術までの流れとよくある質問

ドクター
プロフィール
日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定リウマチ医、日本整形外科学会認定スポーツ医、医師臨床研修制度に係る臨床指導医、日本人工関節学会評議員、中部日本整形外科・災害外科学会評議員
エリア 富山県タグ
この記事を印刷する

済生会富山病院整形外科の藤井先生をはじめ、患者さんを支える病院スタッフの方々に、入院~手術~退院までの一般的な流れと患者さんからのよくある質問についてお話を伺いました。手術後~退院までのお話です。【後編】

入院(手術後)

手術後、いつから食事ができますか?また入浴は?

<病棟看護師>

麻酔から覚めて腸が動き出す手術の翌朝から食事が始まります。また手術後は、以前は抜糸までシャワーもできませんでしたが、最近は創(キズ)の保護剤が発達したため、術後数日でシャワーを浴びることができます。

手術後の痛みについて教えてください。

<医師>

痛み止めにより、手術の翌日の痛みはほとんどありませんが、薬がきれると痛みが出てきます。この最初の痛みを取ることがとても重要。リハビリにスムーズに移行するためにも欠かせません。幸い、医学の進歩により内服や座薬、注射などさまざまな痛み止めがあります。患者さんによって痛みの程度は違いますが、適切な痛み止めを使用することで痛みを和らげることができます。痛み止めを使うことは悪いことではありません。我慢せずに、医師や病棟看護師などに言っていただければと

手術後のリハビリについて教えてください。

<理学療法士(リハビリ)>

一般的には、手術翌日から病室でできるリハビリが始まります。早期からリハビリを行うことによって深部静脈血栓症が予防できます。身体の状態や手術による痛みに応じて理学療法士の指導によるリハビリを行い、可能であれば歩行器を用いた歩行練習も行います。また、ベッド上で行える運動やアイシング(患部を冷やすこと)の指導などを行います。

リハビリは1日40分から60分行います。車椅子に乗れるようになったらリハビリ室に行き、痛みや回復段階に応じて、筋力トレーニング、杖歩行練習、階段昇降練習、日常生活動作練習などを行います。退院時には日常生活における注意点や自主トレーニングの指導、必要であれば住宅改修のアドバイスを行います。

どのくらいの期間リハビリを行いますか?

<理学療法士(リハビリ)>

一般的には、入院期間の目安である3~4週間リハビリを行います。階段昇降ができるようになると、退院となる病院が多いようです。退院後に外来でリハビリを継続することもあります。リハビリの期間は手術後の状態や、生活環境によって異なります。

抜糸はいつくらいに行いますか?

<病棟看護師>

手術して1~2週間後が目安です。

退院

退院について

<病棟看護師>

主治医と相談の上、退院日が決定しますが、手術後約3~4週間後の退院となります。

自宅での生活

人工関節手術後に日常生活で制限はありますか?

<理学療法士(リハビリ)>

人工関節を長持ちさせるために、重いものを持ったり、激しいスポーツを行ったりすることは避けましょう。膝に負担がかからない程度の軽い運動は大丈夫です。ジョギングやウォーキングよりも関節にかかる負担が少ない自転車、水中ウォーキングのほうが安心です。ショッピングや旅行は手術後も楽しめるようになります。極めてまれに正座ができる方もいますが、関節への負担が大きいので避ける方がよいでしょう。テーブルと椅子、ソファーなど洋式の生活のほうが膝には負担がかかりません。

退院後の生活について不安があるのですが……。

<医療ソーシャルワーカー(MSW)>

患者さんからよくあるお問い合わせは、洋式トイレにしたい、お風呂やトイレに手すりをつけたい、シャワーチェアが欲しいといった住宅改修や福祉用具のご相談、そして介護保険制度は利用できるのかといった保険制度に関するご相談です。 医療ソーシャルワーカーは、入院中の様々な不安や問題について相談に応じます。遠慮なくご相談ください。何かしらの介護を必要とする状態となった方は、「介護保険制度」を利用できますが、サービスを受けるには、「要介護認定」を受ける必要があります。認定されると、住宅改修や福祉用具の購入などを1割負担で行えます。サービスを受けるには、申請手続き等が必要ですので、まずはご相談ください。

このようにたくさんのスタッフの方々が患者さんをサポートしているわけですね。

<医師>

私たち医療従事者の患者さんに対する願いは、不安と不満を解決して、安心して治療を受けていただきたいということです。わからないことは、どんどん質問してください。

どうもありがとうございました。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページの先頭へ