メニュー

専門医インタビュー

さまざまな治療法から納得のいく選択を 変形性膝関節症の治療は専門医にご相談ください

中村 伸哉 先生

東京都

プロフィールを見る

同愛記念病院(初期研修医)、東京大学医学部附属病院(初期研修医)、横浜労災病院整形外科、東京大学医学部大学院整形外科学教室、国立障害者リハビリテーションセンター整形外科を経て現職へ
資格:日本整形外科学会専門医

この記事の目次

膝の痛みに悩んでいたり困っていたりする中高年の方は多く、そのほとんどは変形性膝関節症が原因のようです。変形性膝関節症の治療には、手術以外の保存療法と手術があります。近年では保存療法のバリエーションが増え、また、代表的な手術である人工関節膝置換術は低侵襲で行えるようになっているようです。東京都健康長寿医療センター 中村伸哉先生に治療方法が増えている保存療法や、身体への負担が少なくなっている人工関節手術などについて教えていただきました。

中高年の方に多い膝の痛みの原因について教えてください

正常な膝と変形性膝関節症(進行期)

中高年の方が膝の痛みを訴え受診される場合、大半の方は膝の軟骨がすり減り、骨同士が直接ぶつかることで痛みが出る変形性膝関節症です。日本人の場合、もともと脚の形がO 脚の方が多いため、膝の内側の軟骨からすり減る方が多くおられます。変形が初期の場合だと、膝関節内側の太ももの骨とすねの骨の隙間に痛みを訴えられる方が多く、膝の曲げ伸ばしに支障が出てくることで階段昇降時に痛みを感じます。O脚が進行してくると、膝の外側にある靭帯が緩み始め、歩き方が不安定になる方もおられます。
膝が痛くなるその他の原因として、クッションの役割をする半月板や筋肉の損傷などが原因となる場合もあります。半月板は、年齢を重ねるとともに変性し薄くなっていくので、ケガなど明らかな外傷がなくても、膝をひねるなど些細なことがきっかけで半月板が切れたり、損傷したりして痛みを感じることがあります。また、膝から少し下のすねの骨の内側部分に、鵞足(がそく)と呼ばれる腱が集まった場所があります。中高年の方の場合、筋力などが衰えている状況で鵞足に負荷が加わり炎症が起き、痛みが出ることがあります(鵞足炎)。

膝が痛む場合、整形外科を受診したほうが良いタイミングはありますか?

膝に痛みがあってもガマンされ、整形外科への受診をためらう方がおられます。また、病院に行くと、「手術を受けるように」と言われると思い、受診を控えている方がおられるかもしれませんが、手術を受けるかどうかを決めるのは患者さんご自身です。痛みがあると、活動量が低下し筋力が落ちることで痛みが強くなったり、日常生活に支障がでたりすることがあります。手術を回避するために受診を控えるのではなく、あまりガマンをせず早期に受診し、早めに治療を始めることで手術を回避できる可能性があります。

手術以外の方法が増えている変形性膝関節症の治療

足底板

足底板

変形性膝関節症によって痛みが強い場合は、痛み止めの貼り薬や飲み薬、ヒアルロン酸の関節内注射を行うことがあります。また、足底板という医療用の靴の中敷きを入れ、膝に負担がかかる場所を軟⾻の痛んでいない側(O脚の場合は外側)に変えることもあります。このような保存療法の中でも、可動域訓練や大腿四頭筋の筋力トレーニングなどの運動療法が特に効果的です。また、最近では、効果に個人差はありますが、幹細胞治療やPRP療法など再生医療も登場してきています。早めに受診いただくことができれば、手術以外の治療方法が増えてきているので、あまり我慢せずに専門医に相談いただきたいと思います。

自宅でできる可動域訓練や筋力トレーニングを教えてください

大腿四頭筋のトレーニング

大腿四頭筋のトレーニング

膝を曲げたり伸ばしたりする可動域訓練は、曲げることばかりに注目される方もおられますが、しっかり膝を伸ばすことも大切です。膝をしっかり伸ばすためには、平らな床の上に脚を伸ばし、足の指先が上を向くようにした状態で、膝の裏が床にしっかり着くようにします。もしも、膝裏が床に着かないようであれば、膝の上を押し、しっかり膝が着くようにします。1セットあたり10~15回を、朝昼晩それぞれ片膝1セットを両膝とも行うようにしてみてください。このストレッチを行うことで、膝を伸ばす訓練だけでなく、大腿四頭筋の訓練も一緒に行うことができます。
大腿四頭筋のトレーニングは、脚をしっかり伸ばしそれを維持するという訓練がご自宅でも簡単にできるトレーニングなのでお勧めです。可動域訓練、筋力トレーニングともに効果はすぐに現れないので、続けていくことが大切です。


この記事の医師がいる
病院の詳細はこちら

ページの先頭へもどる

PageTop