メニュー

専門医インタビュー

人工股関節置換術後に脱臼リスクを減らすための手術や術後の工夫

宮城県

プロフィールを見る

医学博士、日本専門医機構整形外科専門医、日本股関節学会評議員、日本骨粗鬆症学会専門医、日本人工関節学会認定医・評議員、日本骨・関節感染症学会

この記事の目次

変形性股関節症の進行による痛みや跛行(はこう)などの症状に悩む人にとって、人工股関節置換術は大きな選択肢の一つです。しかし、人工股関節置換術の術後のリスクとして人工股関節の脱臼があります。脱臼の原因や発生率、さらに脱臼を防ぐために行われている手術の工夫について、東北大学 整形外科教室 講師 股関節グループチーフの千葉大介先生に聞きました。

人工股関節の手術を行うことのメリットは?

人工股関節置換術

人工股関節置換術

大きなメリットは痛みが改善されることです。多くのケースで術後に痛みが和らぎ、痛み止めを服用しなくても良くなります。ほかには左右の脚長差が出てしまっている場合、人工股関節置換術による補正が期待できます。脚長差がある状態で生活していると、腰やひざが変形してしまうことがあるので、その予防にもつながります。また関節の動かせる範囲(可動域)も改善されるので、これまでできなかった動作ができるようになる可能性があるというメリットもあります。

人工股関節の脱臼はなぜ起こるのでしょうか?

人工股関節の脱臼

人工股関節の脱臼

本来の股関節は、骨盤と大腿骨が丈夫な靱帯(じんたい)でつながれていて元々脱臼しにくい関節ですが、人工股関節置換術ではその靱帯の一部や筋肉を切離する必要がある場合もあります。そのため、組織が完全に修復されていない手術直後は特に脱臼のリスクが高いのです。また、人工股関節は構造上、本物の関節より可動範囲がどうしても狭まりますので、その範囲を超えると骨盤側のカップと大腿骨側のステムという金属がぶつかった部分が支点になって人工股関節が外れてしまうことがあります。脱臼の発生率は国内のガイドラインでは1~5%となっていますが、近年は手術方法などの工夫が進み確率がさらに下がっていると言われています。脱臼すると痛みが非常に激しくなり、歩けない場合は救急車をお願いして病院へ行くことになります。
また脱臼を繰り返すともう一度手術が必要になることもありますから、当然ですが脱臼は少ないほど良いのです。私たち医師も術式の工夫などで脱臼のリスクをできるだけゼロに近づけることを目指しています。

脱臼率を下げるために行われている手術の工夫を教えてください

手術のアプローチ方法

まずひとつは手術のアプローチ方法です。人工股関節置換術には、股関節の前側から入る「前方(ぜんぽう)アプローチ」と真横から入る「側方(そくほう)アプローチ」そして後ろからの「後方(こうほう)アプローチ」の3つがあってそれぞれにメリット、デメリットがあります。これまで国内で主流だったのが後方アプローチです。お尻のほうから筋肉や靱帯を切離して人工股関節を設置する方法で、視野が広く手術がやりやすいというメリットがあります。一方で、組織を切離する分、手術直後は股関節の支えが弱く、脱臼率はやや高くなると言われています。前方アプローチの場合は、筋肉の切離を行わず靱帯も切る量を極力減らして組織を温存するので、ほかのアプローチと比べると脱臼率が低いと言われています。全国的には少しずつ前方アプローチの割合が増加している傾向です。
ただし前方アプローチでも脱臼率はゼロではありません。そこでもうひとつの工夫が、骨盤側のカップと大腿骨側のステムの角度を脱臼しにくい理想的な角度で設置することです。最近はナビゲーションシステムと言って、術前にCTのデータを使って綿密な計画を立てた上で、手術中に人工関節を正確な位置に設置するのを手助けしてくれる技術があります。

脱臼を予防するために、退院後など気を付けたほうがいいことへのアドバイスをお願いします

後方アプローチで手術をした際に気を付けたい座り方

後方アプローチで手術をした
際に気を付けたい座り方

骨盤に対して大腿骨側の人工股関節が前に外れるのを前方脱臼、後ろに外れるのを後方脱臼と言い、それぞれ外れないために気を付けたほうが良い姿勢があります。前方脱臼は、股関節を極端に反って伸ばす格好をすると生じやすく、後方脱臼は、斜め座りのように足を横に流す座り方で生じるケースが多いです。特に、後方アプローチで手術した場合は、手術で切離した筋肉や靱帯が完全に修復する最初の半年程度はこのような姿勢を取らないように気を付けてください。足の爪切りなどで足を横に流す動作を無意識にしてしまうような方は気を付けるようにしましょう。
一方、前方アプローチで、かつナビゲーションシステムなどのサポートにより手術を行った方には、日常的な制限は設けられていないことが多いと思います。ただし、術式に関わらず、すべての患者さんには退院後、経過を確認するため定期的に通院いただいてレントゲン画像がチェックされます。
それからお願いしたいのは転ばないことです。術後は痛みが改善され、できなかったことができるようになることから無理をしてしまう方が多いです。特に旅行が趣味の方は、旅行先の温泉施設など、滑って転倒しやすい場所も多くありますから注意が必要です。

現在変形性股関節症の治療を行っている方へ、メッセージをお願いします

リハビリや痛み止めの薬といった保存療法は重要で必要なものです。しかし、すり減った軟骨は再生せず、変形した関節は二度と元には戻りません。保存療法をある程度続けて効果が得られなければ、手術を選択肢のひとつとして検討してみてください。もちろん手術にも必ずリスクがありますし、メスを入れることに恐怖心を感じて抵抗する気持ちはとてもよく分かります。しかし、最近では脱臼に対する手術の工夫など技術が進歩してきています。むやみに怖がらずに専門医に相談し、メリットとデメリットをよく理解した上で、ご自身にあった治療法を選択するようにしましょう。


この記事の医師がいる
病院の詳細はこちら

ページの先頭へもどる

PageTop