関節治療の専門医に聞いてみました!

第116回 膝の痛み、「もう歳だから」とあきらめていませんか?

ドクター
プロフィール
日本整形外科学会認定整形外科専門医。リウマチ専門医。 日本体育協会公認スポーツドクター。
エリア 埼玉県タグ
この記事を印刷する
ドクターの写真

「歳だから仕方ない」――と、つぶやいてしまったことはありませんか? 加齢などによる膝の痛み。「高齢だからと、あきらめることはありません」と話してくださったのは、まつだ整形外科クリニック院長の松田芳和先生。膝の痛みが気になるのなら、まずは病気を知ることと向き合うこと。そしてその治療にはさまざまな方法があるのです。「ふつうに歩きたい」。そのささやかな希望のために、今回は松田先生にじっくりとお話をうかがっていきましょう。

膝の痛みを引き起こす病気を教えて下さい。

膝の痛みは、中高年の女性に多く、早い人は40代から、60代を超えると強い痛みを訴える方が増えてきます。比較的軽い症状の方もいれば、かなり我慢をしてからクリニックに来られる方もいます。患者さんの多くは「変形性膝関節症」という病気に悩んでいます。

膝に負担がかかることによって、本来ならクッションの役割を果たす軟骨がすり減り、骨と骨が直接ぶつかって変形し、その結果、痛みが出てくるのが、変形性膝関節症です。

変形性膝関節症の原因としては、何が挙げられますか?また、どんな治療法がありますか?

原因として挙げられるのは、加齢、肥満、日本人特有のO脚、そして、その方の日常生活のスタイル。たとえば農作業をされる方は膝への負担が大きいですから、軟骨がすり減っている場合が多い。

歩き始めや、階段の上り下りのときなどに「膝が痛い」と気になりはじめたら、変形性膝関節症の初期の疑いがあります。この段階では、軟骨はまだ比較的残っています。この時期に、太ももの筋力をつけたり、肥満であれば体重を減らすなど患者さん自身が努力することがとても大切です。医師からのお手伝いとしては、塗り薬、貼り薬のような外用剤、血流をよくする、筋肉をほぐすなどの治療となります。

さらに進行すると消炎鎮痛剤で炎症を抑え、痛みを楽にする内服薬を処方、関節へのヒアルロン酸注射などをおこないます。こうした薬物治療の段階は変形性膝関節症の中期ぐらいで、ここまでは保存的治療ですね。

週1回の注射。本人は筋力をつけよう、痩せようと一所懸命努力している。ところがなかなか症状は改善しない。注射をしても1~2日は楽だけど、3日目ぐらいには元に戻ってしまう。日常生活でも支障が出て困ってしまう。このあたりが保存的治療の限界。レントゲンを見てみると、かなり軟骨がすり減っている。残念ながらすり減った軟骨は再生しませんから、そこで初めて「手術」のお話になりますね。

人工膝関節置換術について教えてください。

手術は「人工膝関節置換術」といい、全置換術と部分置換術の2つに分けられます。膝関節の傷んだ骨を切除して金属に換え、すり減った軟骨の代わりにポリエチレンを入れることで、骨と骨が直接ぶつからなくなるわけですね。日本における変形性膝関節症の多くは、O脚などが原因で、膝の内側にある軟骨からすり減っていくことが多いのですが、病気が進行してしまって、膝の外側や関節を支える靭帯(じんたい)まで傷んでいる場合は、膝関節の表面すべてを人工関節に置き換える全置換術を選択します。

これに対して、部分置換術というのは、膝関節の内側だけを取り換える手術です。内側の骨だけを削って人工関節を入れることにより、自分の骨の多くの部分と靭帯を温存できます。この手術は外側がひどく傷んでいた場合はむずかしく、膝の靭帯がしっかりしていることも条件です。

人口膝関節部分置換術

手術は何歳位まで受けられるのですか?高齢でも受けられますか?

部分置換術は全置換術に比べれば、切開が小さく出血量も少ない。入院期間も短く、早く社会復帰できる可能性が高いですね。人工関節部分は小さいですから、より生体に近い動きが可能になります。ただ、脱臼を含む合併症も報告されています。合併症については手術前に専門医によく聞いてくださいね。

この部分置換術は、年代を問わず内側だけが傷んでいる方には、医師とよく相談しながら、検討する価値がある手術だと思いますね。膝関節の外側があまり傷んでいなければ、さらに高齢の80代以上の方にも有効な手術だと私は考えています。体に与える侵襲が小さいので合併症も起こしにくいのですね。

「スポーツを頑張りたい」などということではなく「日常生活の中で、庭の手入れを楽しんだり、旅行にも行きたい」というささやかな希望を持つ方もたくさんいます。「いまこの痛みをとってまた歩きたい」ということであれば、比較的体にやさしい部分置換術の選択も考えられます。痛みをとって、自分のやりたいことができるようになることは、本当の喜びにつながると思いますよ。第2の人生のスタートです。


記事の一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページの先頭へ