関節治療の専門医に聞いてみました!

第290回 変形性ひざ関節症や関節リウマチによるひざの痛み
専門医に相談し
自分にとって適切な治療を

ドクター
プロフィール
群馬大学医学部卒業、群馬大学整形外科入局。群馬大学整形外科医員、同助教、同病院講師を経て、医療法人井上病院副院長
所属学会・資格:日本整形外科学会(専門医・認定リウマチ医、認定運動器リハビリテーション医)、日本リウマチ学会(専門医・指導医・評議員)、日本リウマチの外科学会(評議員)、日本骨粗鬆症学会(認定医)
エリア 群馬県タグ
この記事の印刷用PDF
米本 由木夫 先生

変形性膝関節症と診断され、手術が必要だといわれていても、なかなか決断できずにいる方も少なくありません。「動けなくなる前に考えてほしい」と話す米本由木夫先生に、関節破壊を引き起こす関節リウマチの実態や変形性膝関節症の治療についてお話を伺いました。

中高年に多い「変形性膝関節症」とは、どんな病気ですか?

正常な膝と変形性膝関節症

変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)とは、いわゆる膝の軟骨がすり減った状態です。本来、軟骨というのはみずみずしく弾力があるのですが、肌と同じように、加齢によってみずみずしさがなくなり、硬くなっていきます。そこに、仕事や運動などによる使い過ぎ、肥満などによって膝に負担がかかり続けると、軟骨がすり減り、骨同士がぶつかり合って関節が変形していきます。関節の内部では滑膜(かつまく)に炎症が起きて水が溜まったり、痛みが出たり、関節の動きが悪くなることもあります。膝の痛みが長引いているとか、可動域(膝の動く範囲)に制限が出ているようなら、一度、整形外科を受診することをお勧めします。

関節リウマチとはどのような病気ですか?

関節リウマチ

関節リウマチ

関節リウマチは、膝に限らず全身の関節に炎症が起こり、関節の変形だけなく、放置してしまうと心臓や肺なども悪くなり、全身状態が悪化してしまうことがある病気なので、早めに適切な治療を受けることが大切です。関節リウマチの発症は、比較的、中高年女性に多いものの、若い方も例外ではなく、遺伝的な背景に環境的な要因が合わさると発症しやすいといわれています。環境的な要因というのは、ホルモンバランスや細菌・ウイルスによる感染、精神的ストレスなどで、さらに、最近は、歯周病やタバコ(喫煙)といった生活習慣の影響も指摘されています。例えば、親族に関節リウマチの人がいて、なおかつこのような環境的要因が重なるほど、関節リウマチの発症リスクも高まるということは知っておいたほうがいいでしょう。

関節リウマチの早期発見と治療法を教えてください

関節内への注射

関節内への注射

特に初期の頃は、必ずしも教科書どおりの症状が現れるとは限りません。何か所かの関節だけ炎症を起こして痛みがあったり、片手だけ腱鞘炎(けんしょうえん)のような症状から始まったりすることもあります。2、3週間、同じ関節が腫(は)れているようなら、関節リウマチの専門医を受診して検査を受けるようにしてください。
関節リウマチの治療は、免疫抑制剤、生物学的製剤、JKA阻害薬(そがいやく)といった強力な薬剤によって関節破壊への進行がかなり抑えられるようになっています。しかし、早期発見の遅れや薬剤の効果が十分に得られずに一度関節が破壊されてしまうと、そこに体重や歩行時の負担が加わり続けるため、強力な薬剤を使っても関節破壊は進んでしまうといわれています。特に、全身の関節の中でも膝は、関節リウマチの炎症が起きやすいといわれています。なお、関節破壊が起きている場合は、関節内への注射や筋力トレーニング、可動域訓練などのリハビリテーション、装具などの保存療法に加えて、人工膝関節置換術などの手術療法が行われることもあります。


記事の一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページの先頭へ