関節治療の専門医に聞いてみました!

第368回 膝や股関節の痛みがあれば専門医に相談しご自身の状態を確認ください
治療の幅が広がっています

ドクター
プロフィール
専門医:日本整形外科学会専門医、臨床研修指導医
エリア 愛知県タグ
この記事の印刷用PDF
森 公一 先生

 
膝や股関節の痛みはまだ我慢できると思っていても、無意識のうちに「痛い、痛い」と口に出し、ご家族に心配をかけているかもしれません。「ご自身の症状や原因を知るだけでも気持ちが少し軽くなると思います。専門医に相談してください」とは、名古屋掖済会病院の森公一先生。膝・股関節の痛みの原因となる変形性関節症と治療法についてうかがいました。
 

中高年に多い「変形性膝関節症」「変形性股関節症」について教えてください。

変形性股関節症

変形性股関節症

変形性膝関節症

変形性膝関節症

中高年になって膝や股関節に痛みが出る時、「変形性膝関節症」「変形性股関節症」が主な原因として考えられます。変形性膝・股関節症は、年齢を重ねると伴に関節内の軟骨がすり減る疾患です。クッションの役割となる軟骨がすり減ることで痛みが生じ、進行すると骨が削れて変形することもあります。我慢に我慢を重ね受診される方が多いですが、早めに専門医を受診してほしいと思います。関節の変形が軽度のほうが治療の選択肢が色々あるだけでなく、ご自身の今の状態を正しく把握することで気持ちが落ち着く方や、中には治療に至らないケースもあります。

変形性膝・股関節症は、どんな治療法から始めますか?

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射

膝の場合、まずは痛み止めの内服薬や関節内へのヒアルロン酸注射、サポーターなど装具の装着によって痛みを緩和しながら、太ももの筋力トレーニングやストレッチといったリハビリを行います。股関節もほぼ同様で、痛み止めの薬を内服しながら、筋トレやリハビリを続けていきます。とくに股関節は全身の運動が適しており、痛みの出ない範囲で歩くこともお勧めです。適度な筋力を維持することで痛みが軽減するだけでなく、手術を行った場合には早期回復にもつながるので、リハビリや筋力トレーニングはとても大切です。このような保存療法を続けても、なかなか痛みや症状が改善されない場合は、手術が次の選択肢となります。

手術はどんなタイミングで検討すれば良いのでしょうか?

日常生活の中で強い痛み

日常生活の中で強い痛みによって外出がおっくうになったり、就寝中などの安静時でも痛みを感じたりするようになれば、手術を考えてみても良いと思います。しかし、手術は誰しもなるべく避けたいものです。身体が思うように動かせなくなってから手術を希望される場合がありますが、早めのタイミングであれば身体への負担が少ない手術で済むこともあります。専門医にご自身のライフスタイルや今のお気持ちを伝え、納得いくまで話し合い、よりご自身に適した治療方法を選択していただきたいです。

手術を受けることでどのようなメリットが期待されるでしょうか?

膝の手術では痛みの軽減とともに、O脚やX脚といったゆがみが矯正されるだけでなく、膝の可動域が改善されるので、歩行や姿勢の変化も期待されます。股関節の場合は、変形が進むと脚の長さが短くなり歩行が不安定になることがあります。手術によって両脚を同じような長さに調整し、術後に背筋が伸び、姿勢だけでなく歩き方も改善されるケースも見られます。こうした見栄えの変化も、早期治療へのモチベーションの一つになるのではないでしょうか。
バス旅行に行く、いつもの仲間と一緒に卓球やグランドゴルフを続ける、といった目的を持つと、手術や術後のリハビリにも前向きに取り組みやすいので、「○○をしたい」といった目標があればぜひ主治医に伝えてください。年々人工関節の手術件数が増えているのは、高齢化社会だけでなく、意欲を持った高齢者の方が増えているからだと思います。


記事の一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページの先頭へ