関節治療の専門医に聞いてみました!

第51回 痛みのない快適な日常生活を手に入れよう!
股関節の最新治療法と3D技術を駆使した人工股関節置換術

ドクター
プロフィール
慶応大学病院、川崎市立川崎病院、さいたま市立病院等に勤務。フランス・パリ第6大学病院に人工関節手術に関して留学。術者・助手・指導者として1,000例を超える人工関節手術の経験あり。
【認定資格】日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本整形外科学会認定リウマチ医、他
エリア 埼玉県タグ

変形性股関節症の自覚症状でよく見られるのが、股関節付近にある鼠径(そけい)部の痛みや違和感です。また、病状が悪化してくると、大腿骨頭の位置がずれてきて、左右の脚の長さに差が生じ、身体を揺らすように歩くなど、歩き方にも変化が出てきます。「変形性股関節症は、痛みの進行はゆっくりですが、そのまま放置しておくと最終的には車椅子で移動しなくてはならない状態になってしまいます。」と話すのは、医療生協さいたま 埼玉協同病院 整形外科部長・医長の仁平高太郎先生。人工股関節置換術で、患者さんの生活が少しでも楽になるように、満足のいく結果を残してあげたいと話します。

中高年で股関節の痛みが続く場合は、変形性股関節症と考えていいのでしょうか?

変形性股関節症(両脚)のX線。
骨が潰れてしまっているのが分かります

一時的に痛いのであれば筋肉が原因の痛みもありますが、中高年の女性で痛みが続いているのであれば、「変形性股関節症」の可能性が高いでしょう。日本人の場合、多くは生まれつきの臼蓋形成不全が原因で、加齢に伴って症状が出てきます。レントゲンでみれば、股関節の軟骨がなくなっている様子や関節の変形などが、よく分かります。股関節の痛みは、関節軟骨がすり減って骨と骨が直接ぶつかるために起こります。始めは、前屈みになると脚の付け根が痛い程度ですが、そのうち痛くて階段の昇り降りがつらくなります。もう少し症状が進むと、車の乗り降りの際に手で支えないと脚が上がらなくなったり、脚の爪を切ることもできなくなったり、最後は歩くのに杖が必要で移動は車椅子、という状態になってしまいます。なお、痛みは徐々に強くなりますが、日によって調子に波があるのも変形性股関節症の特徴です。「このくらいなら大丈夫」という日があるかと思えば、「もう歩けなくなってしまうのではないか」というくらい痛みが強い、といった状況を繰り返しながら、股関節の変形が進み何年もかけて少しずつ状態が悪くなっていきます。

変形性股関節症と診断された場合、どんな治療がありますか?

人工股関節の一例

変形性股関節症と診断されても、残念ながら治療法には基本的に対症療法しかなく、根本的な原因を治す方法はありません。日本人は努力家なので筋力トレーニングを頑張る人も多くいますが、膝や腰の場合は筋トレで症状が落ち着きますが、股関節には有効ではなく、かえって悪くなることもあります。今流行りのグルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸などのサプリメントも、気やすめでしかないでしょう。買い物に行けない、洗濯物をもって二階に上がれない、旅行に行けないなど、痛みが強くて生活に支障が出てきた場合には、患者さん一人ひとりの訴えを聞いてレントゲン所見をみた上で、人工股関節置換術の話をしています。人工股関節置換術とは、関節の痛みの原因であるすり減った軟骨と傷んだ骨を取り除いて、金属やセラミックでできた人工関節に置き換える手術です。痛みの大きな改善が期待でき、左右の脚の長さが揃うので、歩き方のバランスもよくなります。以前は65歳以上の人が手術の対象といわれていました。しかし現在は、痛みで困っていて、股関節の変形がひどければ、40代~50代でも人工股関節置換術を検討します。痛みで動きづらい脚を引きずりながら、活動性の高い40~50代を我慢しているのではつまらないでしょう。今の人工関節は耐久性も延びていますし、若くして人工股関節置換術を受ける人もたくさんいます。


記事の一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページの先頭へ