関節治療の専門医に聞いてみました!

第52回 関節の痛みを解消して、「健康で長生き」を実現しましょう!

ドクター
プロフィール
1971年生まれ。96年筑波大学卒。東京大学医学部整形外科教室、三井記念病院などを経て2009年から現職。
【認定資格】日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会専門医、日本体育協会公認スポーツドクター
エリア 長野県タグ

長野県では男性、女性とも寿命が延びていて、男女とも平均寿命日本一を達成いたしました。健康で日常生活を支障なく送れる期間を「健康寿命」といいます。長野県は、残念ながら男女とも上位ではありません。「健康で長生き」を達成するには日ごろから足腰の健康に心掛け、自分の生活を自立できるように努めることが大切です。変形性関節症や関節リウマチなどで股関節や膝関節などの痛みがでてきます。これらを早めに解決しておくことは生活の質を維持するために大切だと認識されつつあります。

脚のつけ根(股関節)や膝関節の痛みなどで、多くの方が悩んでいると耳にします。

変形性股関節症

変形性股関節症は、生まれつき骨盤の屋根のかぶりが浅い女性に多く発症することで有名です。変形性股関節症が進むと、脚のつけ根(股関節)の痛みがひどくなり、また左右の脚の長さに差が生じて、歩くことに支障をきたします。長野県では高齢者でも畑仕事に従事されている方が多く、より変形性股関節症で痛みや不自由を感じる方が多いようです。

受診のきっかけや人工股関節置換術を選択する基準について教えて下さい。

変形性股関節症の
レントゲン写真

股関節の痛みや動きの悪さで日常生活に支障をきたすようであれば、早めに専門医に相談するのがよいでしょう。階段の昇り降りがきつい、買い物がつらいなど、生活の中で痛みを感じるようになったら早めに受診しましょう。はじめは筋力訓練、ストレッチなどの運動療法がたいへん効果的です。杖を使う、鎮痛薬(痛みどめ)を内服するなどの治療を行います。これらの治療でも効果が少ない場合には根本的な手術療法を検討します。骨を矯正して関節の屋根を作るような「骨切り術」やインプラントを用いた「人工股関節置換術」があります。


記事の一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページの先頭へ