関節治療の専門医に聞いてみました!

第262回 股関節の痛みは大きなストレス
勇気を持って
専門医へ受診を

ドクター
プロフィール
専門:整形外科一般、股関節外科、リウマチ外科/資格:日本整形外科学会専門医
エリア 東京都タグ
この記事の印刷用PDF
松本 幹生 先生

股関節の痛みが日常的に続いていても、整形外科への受診をためらってしまう方は少なくありません。その理由の多くに、手術への恐怖心があるのではないでしょうか。そこで、「いきなり手術を勧めることはありません。勇気を持って受診してほしい」と話す東京臨海病院の松本先生に、中高年の股関節の痛みの原因や治療法などについて伺いました。

中高年に多い股関節の痛みの原因は何ですか?

正常の股関節と発育性股関節形成不全

     正常     発育性股関節形成不全

股関節に痛みを感じる大きな原因として、発育性股関節形成不全による変形性股関節症があります。股関節は、骨盤と大腿骨(太ももの骨)をつなぐ関節です。発育性股関節形成不全は、日本人の特に女性に多くみられる股関節の病気で、骨盤の屋根の部分が浅いために股関節が安定せず、変形が進行します。変形性股関節症は、このような原因によって股関節の軟骨がすり減ってしまった状態で、放置していると骨同士がぶつかり合って痛みが生じるなど、年齢とともに日常生活に支障を来たしてしまう病気なのです。
その他の原因として、膠原病などの治療でステロイド薬を長期間多量に服用している方やアルコールを多量に摂取する方に多くみられる大腿骨頭壊死があります。さらに、高齢の方の場合、骨粗しょう症による大腿骨頸部骨折や背骨の圧迫骨折も多くみられます。大腿骨頸部骨折は転倒などで起こりやすいのに対して、背骨の圧迫骨折はいつの間にか起きていることもあり、これを繰り返すことによって背骨が曲がり骨盤が後ろに傾きます。それによって股関節のバランスが悪くなり、変形性股関節症を起こすことがあります。

整形外科ではどのような診察をしますか?

痛いと感じる部位に加えてその周りも調べます

痛いと感じる部位に加えて
その周りも調べます

痛いと感じる部位に加えてその周りの腰、膝の動きやしびれの有無なども詳しく調べます。変形性股関節症や大腿骨頭壊死などが起きている場合、必ずしも股関節だけが痛むわけではなく、腰やお尻、太もものあたりが痛むこともあるからです。一方で、ご自身では股関節が悪いと思っていても、調べてみると別の疾患であることも少なくありません。
多くの場合は、レントゲン撮影によって診断がつくものの、必要に応じてCT検査やMRI検査などの特殊な検査を行うこともあります。ご自身の痛みの原因をしっかり知るという意味でも、日常生活で股関節が痛むようなら早めに整形外科を受診することをお勧めします。

変形性股関節症にはどのような治療法がありますか?

中殿筋を鍛える筋トレ

中殿筋を鍛える筋トレ

大腿四頭筋を鍛える筋トレ

大腿四頭筋を鍛える筋トレ

まずは保存療法で痛みの改善を目指します。症状が軽度な場合では鎮痛薬の服用や体重のコントロール、股関節周囲の筋トレなどを行います。また、杖を使って歩行をしたり、家事をセーブしたりと生活習慣を見直すだけで、痛みがおさまるケースも少なくありません。筋トレは、大腿四頭筋(太ももの前側の筋肉)と中殿筋(お尻の筋肉)を中心に鍛えます。最初は、寝た状態で約5秒間、足を10cmくらい上げる動作を10回1セットとして1日5セット行うことを推奨しています。これを仰向けに寝て行うと大腿四頭筋が鍛えられ、横向きに寝て行うと中殿筋が鍛えられます。ただし、同じことを長期間続けていても、それ以上の筋力は上がらないので、ある程度の期間続けたら、徐々に足を上げる時間や回数を増やしていくことをお勧めします。この運動は、若い人の股関節痛にも有効です。股関節というのは多くの筋肉で覆われることで安定しています。それらの筋肉が衰えると変形や痛みにつながることもあるため、それを防ぐために有効なのがこのような筋トレなのです。ただし、股関節の痛みが強い場合は無理をせず、できる範囲で取り組んでみましょう。


記事の一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページの先頭へ