ssssssssssssssssssssssssss 長谷川 和宏 先生|人工関節手術後の痛みを軽減する方法と、日常生活での注意点|第361回 膝や股関節の痛みの治療 人工関節の手術など治療の選択肢が増えています お気軽にご相談ください|人工関節ドットコム

関節治療の専門医に聞いてみました!

第361回 膝や股関節の痛みの治療人工関節の手術など治療の選択肢が増えています
お気軽にご相談ください

ドクター
プロフィール
金沢大学医学部卒業、医学博士
資格・所属学会:日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本人工関節学会認定医、日本股関節学会、中部日本整形外科災害外科学会
エリア 石川県タグ
この記事の印刷用PDF
長谷川 和宏 先生

人工関節の手術による痛みは軽減されているのでしょうか?

階段を昇り降りするリハビリ

現在は、様々な方法を効果的に組合せ、できるだけ手術後に痛みを感じさせない取り組みが主流となっています。そのため、手術後早期から立つ、歩く、階段を昇り降りするといったリハビリが行えるようになっています。痛みを軽減させる方法として、硬膜外麻酔を使用したり、様々ある内服薬からその方に適正なものを選択し、さらに手術中には痛み止めや炎症を抑える薬剤を複数混ぜたものを、膝や股関節周辺に注射(カクテル注射)したりします。このように色々な方法を組み合わせることで、特に痛みを感じる術後1~2日目の痛みを大幅に軽減できます。ただし、カクテル注射の効果が切れると、痛みが出てくることがありますが、日を追うごとに痛みが軽減しますので、あまりご心配なさらないでください。

人工関節の手術を受けた場合、日常生活で気を付けることはありますか?

日常的に身の回りのことをするのがリハビリにつながります。せっかく手術をしたのですから、家の中でずっとじっとせず、日常生活を普通に送って欲しいです。股関節の場合、3ケ月以降は脱臼率が下がるとされていますが、それまでは脱臼しやすい姿勢には気を付けるようにしてください。手術後しばらくすれば、ゴルフや長距離のウォーキング、登山は一般的に行って良いとされ、できる範囲であれば農業を行っている方もおられます。ただし、ジョギングなど激しい運動は、人工関節の耐久性に影響を与えることがありますので、控えるようにしましょう。
退院後は定期的に受診をすることを忘れないようにしてください。定期検査では、人工関節の状態だけでなく、土台となる骨がしっかりしているか、骨密度が減ってきていないかといったことも確認します。

膝や股関節に痛みがあり、悩んでいたり、治療を受けていたりする方へメッセージをお願いいたします

膝や股関節に痛みがあれば、まずは整形外科を受診し、痛みの原因が何なのかを知ることが大事です。変形性膝関節症や股関節症と診断されても、ほとんどの場合は、いきなり手術ということはありませんし、無理矢理に手術を受ける必要はありません。
現在は、色々な治療方法があります。ご自身の状態を把握し、よりご自身が納得できる治療方法が選択できるように、お気軽に専門医を受診いただきたいと思います。


記事の一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページの先頭へ