関節治療の専門医に聞いてみました!

第335回 股関節の痛みと治療について~股関節痛の痛みをがまんしすぎて膝や腰まで悪くなる前に
適切な股関節の治療を受けてください~

ドクター
プロフィール
札幌医科大学卒業、日本整形外科学会整形外科専門医、日本整形外科学会整形外科専門医研修指導者、日本整形外科学会認定医
エリア 群馬県タグ
この記事の印刷用PDF
田中 宏志 先生


中高年女性に多い変形性股関節症は、いずれ手術が必要になることが多い進行性の病気です。「痛みをがまんしてがんばり続けてしまうと、膝や腰まで悪くしてしまう」と話す田中先生に、中高年の股関節の痛みの原因とともに、変形性股関節症の治療として多く行われている人工股関節置換術や病院の選び方などについてお話を伺いました。

中高年で股関節が痛む主な原因は何ですか?

変形性股関節症

変形性股関節症

変形性股関節症と呼ばれる、股関節の軟骨がすり減るために骨盤と大腿骨がぶつかり合って、痛みや変形が起こる病気が最も多い原因です。症状としては、歩き始めや足を動かし始めるとき、あるいは足をひねったときに、太ももの付け根のあたりにある股関節が痛みを感じることが多いです。ただし、必ずしも股関節に痛みを感じるとは限りません。股関節が悪いのに、最初は、太ももやお尻のあたり、膝が痛むことがあります。特に、お年寄りの場合は「坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)」を発症している人も多く、痛みだけでは区別がつきにくいことがあります。変形性股関節症の初期に多い、「足を動かし始めるときに痛む」という特徴を見過ごさないことに加えて、腰痛や膝痛で数か月治療を受けたけれども良くならないという場合は、股関節の病気を疑って主治医に相談してみることも大切だと思います。

変形性股関節症になりやすい特徴はあるのでしょうか?

寛骨臼形成不全

寛骨臼形成不全

正常な股関節

正常な股関節

日本人の場合、骨盤側の屋根の部分が発育不良によってかぶりが浅い「寛骨臼形成不全(かんこつきゅうけいせいふぜん)」が原因で変形性股関節症を発症する人が多いです。その割合は約8割にものぼり、男女比では圧倒的に女性に多くみられます。さらに、割合としては少ないものの、若い頃に股関節にケガをしたことがあるとか、子どもの頃にペルテス病や大腿骨頭すべり症、先天性股関節脱臼だったという人は、中高年になってから変形性股関節症を発症することがあります。
子どもの股関節の病気は、近年、かなり減っているといわれているものの、実は、1000人に1人の割合で発症者がいます。こうした子どもの股関節の病気は、おむつのつけ方など発育中の生活習慣だけでなく、遺伝的な要因もあるといわれています。寛骨臼形成不全も同様で、親族にそのような人がいる場合、変形性股関節症のリスクが高いと考えて、異常を感じたら早めに整形外科を受診することが大切です。
また、お年寄りの場合、骨盤の形は悪くなくても、関節軟骨そのものの老化によって変形性股関節症を発症してしまうことがあります。「年だから」とやり過ごさずに、股関節のあたりに痛みを感じたら、すぐに整形外科を受診して、股関節の状態を確認することをお勧めします。

変形性股関節症の治療法を教えてください

寛骨臼回転骨切り術

寛骨臼回転骨切り術

一般的に、保存療法から始まります。痛みが強いときは鎮痛薬を服用し、痛みが落ち着いてきたら股関節周りの筋力を鍛えるリハビリを行います。このような治療を続けても痛みが改善せず、変形も進んでいる場合は、手術療法が必要になります。変形性股関節症の手術療法は、現在、股関節の悪い部分を切除し、そっくり人工物に置き換える「人工股関節置換術(じんこうこかんせつちかんじゅつ)」が多く行われています。ただし、20代、30代の若い人で寛骨臼形成不全がある場合、変形性股関節症の進行予防を目指して「寛骨臼回転骨切り術(かんこつきゅうかいてんこつきりじゅつ)」が行われることがあります。


記事の一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページの先頭へ