関節治療の専門医に聞いてみました!

第89回 まっすぐな脚で痛みのない人生を楽しもう!
人工膝関節置換術は長期成績の安定した治療法です

大橋理事長
ドクタープロフィール
京都府立医科大学卒業。医学博士。日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医・指導医。
谷院長
ドクタープロフィール
岐阜大学卒業。医学博士。日本麻酔科学会認定麻酔科専門医、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医・指導医。
エリア 岐阜県 タグ
この記事の印刷用PDF

膝に痛みがあるのに我慢し続けるのはとても辛いことです。また、それが要因となって要介護状態を招くことにもなりかねません。「痛みを感じたらなるべく早く整形外科を受診し、専門医による適切な治療を適切なタイミングで受けるようにしましょう」「人工膝関節置換術を受け、諦めていた楽しみを取り戻した人がたくさんいますよ」とアドバイスするのは大橋・谷整形外科の大橋俊郎理事長と谷知久院長。変形性膝関節症の症状と治療法、人工膝関節置換術後の人工関節を長持ちさせるポイントなどについてお話を伺いました。

高齢者の膝痛の主な原因といわれる「変形性膝関節症」とはどんな疾患ですか?

X-O-正脚

大橋理事長 変形性膝関節症とは、加齢や使い過ぎなどで膝関節のクッションの働きをする半月板や軟骨がすり減ってしまうことが原因で起こる病気です。軟骨がすり減ると骨と骨が直接ぶつかり合うようになり、周りの神経や筋を刺激して炎症を起こすことで痛みが生じます。日本人にはもともとO脚の人が多いため、膝の内側に体重負荷がかかることで内側の軟骨がすり減る内側型変形性膝関節症が多いのが特徴です。これに対し西洋人にはX脚の人が多く、外側型変形性膝関節症が多いといわれています。

MRIで膝の半月板や靱帯の損傷、骨腫瘍、軟部腫瘍などを診察します。

MRIで膝の半月板や靱帯の損傷
骨腫瘍、軟部腫瘍などを診察します。

谷院長 一般的に女性は骨粗しょう症を発症する割合が高く、関節の変形が進みやすい傾向にあるため、変形性膝関節症の70%~80%は女性の患者さんです。関節リウマチも膝の痛みを発症する原因の一つですが、こちらはX脚が多いといわれていました。しかし、生物学的製剤の使用などで関節リウマチの治療が近年飛躍的に進化した結果、骨が破壊されて変形するような人は減少傾向にあります。そのため関節リウマチの患者さんでも、日本人に多いO脚の人が増えています。

「変形性膝関節症」の具体的な症状と治療法を教えてください。

谷院長 初期の代表的な症状は、「立ち上がりが痛い」「歩き始めが痛い」「階段の昇降時に痛い」などで、動作の開始時に痛むことが多いようです。進行すると、動作中や安静時にも痛みが出る慢性疼痛になり、日常生活に支障をきたすようになります。初期の治療法としては、貼り薬や塗り薬、飲み薬といった痛み止めの薬物療法や、運動療法などのリハビリが中心となります。この治療段階で症状が改善する人も少なくありません。

大橋理事長 効果に個人差はありますが、サポーターや足底の外側を持ち上げてO脚を矯正する装具「足底板」を使用することで膝の内側への過重負担が減少し、痛みが軽減するケースもあります。

変形性膝関節症のレントゲン

谷院長 変形性膝関節症は、加齢とともに筋肉が衰え、関節に負担がかかることが大きな要因ですから、筋力トレーニングは症状の進行を抑えるのにとても効果的です。とはいえ、痛みを感じるほど激しい運動は逆効果。膝関節に負担のかからない水中歩行や、適度な自転車こぎなどが良いでしょう。歩行が困難になるほどの痛みがある場合は、膝関節内へのヒアルロン酸注射で痛みの軽減を図ります。これらの保存療法では効果がなく、痛みや変形が進んでいくようであれば、人工膝関節置換術という手術療法を検討することになります。

日本人は痛みを我慢してしまうことが多いと聞きますが。

大橋理事長 高齢になり、変形がかなりひどくなってから来院される方が大勢いらっしゃいます。変形が進行すると膝が伸びなくなってしまうケースが多く、それが原因で股関節が曲がる、前屈になるといった、いわゆる老人体形への変化が見られます。「もう少し早く受診して早めに手術の決心をされていたら、手術自体も難しくなく、ご本人も長い間痛みに悩まされず楽に過ごせたのに」と思うことが度々ありますね。

谷院長 全身状態や麻酔の影響、術後のリハビリへの取り組みなどを考えても、あまり歳を重ねて変形がひどくなるまで我慢せず、ある程度の段階で決心されることが大切かもしれませんね。痛みで歩くのが辛くなると外出するのが億劫になり、家に引きこもりがちに。それが原因で要介護状態になることもあります。ご家族がよく相談し、ご本人に受診のアドバイスをしてあげることも大切でしょう。独居の方の場合、「一人暮らしで動けなくなると困るから、早めに手術をして欲しい」と、ご自分ではっきりとした意志をもって手術を望まれる方もいらっしゃいます。「手術は怖いから嫌だ!」と避け続けてきた人でも、いざやってみると「こんなに楽に、格好良く歩けるようになるのなら、もっと早くやっておけばよかった」とおっしゃることが多いですね。


記事の一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページの先頭へ