関節お悩みQ&A

[Q1]人工関節の耐用年数について、教えてください。

患者さんの症状や活動性などにより個人差はありますが、多くの場合、人工関節の耐用年数は10年から15年といわれています。また、最近の人工関節は、製品の研究も進み15年以上の維持を期待できるようになりました。しかし、動きの激しいスポーツをしたり、禁忌とされている動作を行ったりすることで、人工関節のゆるみ、脱臼、摩耗といった合併症が起こり、より短い期間で入れ替え手術が必要となってしまう場合もあります。
人工関節を長持ちさせるためには、あまり無理をせず新しい関節と上手に付き合っていくことが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページの先頭へ