関節お悩みQ&A

[Q4]変形性関節症の治療法の選択肢にはどのようなものがありますか?

関節の痛みに対しては、短期的な治療法として、抗炎症剤、ステロイド注射、理学療法などがありますが、最終的に人工関節置換術が必要になる患者さんも多くいます。医師から変形性関節症と診断されたら、考えられる治療法の選択肢や、その中で現在の状態(重症度)に最も適しているものはどれかについて、医師と話し合う必要があります。

治療法の選択肢:

  • 関節の筋力や柔軟性を高める関節と筋肉を使った運動
  • 関節の変性疾患に対する抗炎症剤
  • 滑膜切除術(関節を覆っている組織(滑膜)の炎症を起こした部分を切除する手術)
  • 骨切り術(関節近くの骨を切り、関節の向きや角度を矯正することで、傷んでいる部分への負担を軽減する手術)
  • 人工関節置換術(変形した関節の表面を取り除いて人工関節に置き換える手術で、重度の変形性関節症に対して行われます。関節全体を人工関節に置き換える方法と、関節の一部だけを置き換える方法があります。)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページの先頭へ