関節お悩みQ&A

[Q5]屈曲とは何ですか?

屈曲とは、関節を曲げる動作のことを言います。反対の動きは伸展と呼ばれ、立ち上がるときの膝のように、関節を伸ばす動作のことを指します。
なお、日常生活における膝の屈曲角度ですが、日常生活で行う動作の中には、膝を125度以上深く曲げる必要があるものも多くあります。例えば、階段を上るには75~140度の可動域が必要ですし、椅子に座ったり、椅子から立ち上がったりする動作には90~130度の可動域が必要です。ガーデニングやゴルフなどの動作では、130~150度という大きな屈曲角度が必要になります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページの先頭へ