関節お悩みQ&A

[Q2]変形性関節症ではどのような症状が予想されますか?

変形性関節症になると、関節に痛みやこわばりが生じ、そのために移動が制限されるようになります。場合によっては、炎症がみられることもあります。関節を多く動かすと痛みが強くなることが多くあります。痛みは時おり強くなり、しばらくすると比較的楽になる場合もあります。また、寝たままや座ったまま長期間関節を動かさない場合には、こわばりが生じる傾向があり、ストレッチや運動をすると軽減されます。その他、湿気の多い天気の日にも痛みが強くなるようです。
変形性関節症が進行すると、関節を使っていなくても痛みが出るようになり、痛みのために夜眠れなくなることさえあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページの先頭へ