関節お悩みQ&A

[Q7]人工関節置換術を受ける際、輸血は必要でしょうか?

人工関節置換術は骨を切除する手術であり、手術後も出血が続くため、多くの場合、輸血が必要になります。輸血は、自身の血を一定量採血しておき(自己血貯血)、術後に返血する場合と、通常の献血を用いる場合があります。手術にどれくらいの血液が必要になるかは、手術の内容や手術前の患者さんの健康状態にも左右されます。自己血輸血は人工関節置換術の輸血方法として極めて望ましい方法ですが、手術前に貧血の症状がある場合には貯血ができないことがあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページの先頭へ