人工関節コラム

コラム 21
術後の回復をスムーズにする生活準備

医師と相談した上で、今度、人工関節手術を受けることになりました。「さあ、手術の日程も決まった!」となった場合、退院後の生活に向けての準備も必要になります。入浴、トイレ、食事、着替え、家事、買い物など、できるだけスムーズに回復、生活するためにも、手術を受ける前に以下の生活準備を行っておきましょう。

回復に向けて、自宅の環境を整える

手術までのわずかな時間を使って自宅の準備を整えることで、術後の回復を大きく改善させることができます。 ここでは、自宅の中で実践できる工夫をいくつか紹介していきます。

● 自宅全体

  • 敷物などは片づけ、ずれる可能性のあるカーペットは鋲(びょう)で固定する
  • 電気コード、電話線、玩具など、つまずきの原因となるものは片づける
  • 傾いた床や地面があれば修理するか、把握しておく
  • 照明を明るくする
  • 滑りやすい床には裏地が滑りにくくなったカーペットを敷く
  • リモコン、医薬品、読み物など、定期的に使うものは手の届きやすい便利な場所に置いておく

● 台所

  • 缶詰や冷凍食品を多めに備蓄しておく
  • 食事を作り置きして冷凍しておく
  • 食品は腰から肩までの高さの棚に保管する
  • よく使用する調理機器、鍋、フライパン、食器、調理用具などは、調理台の上か手の届きやすい場所に置いておく

● 浴室/トイレ

  • トイレットペーパー、シャンプー、歯磨き粉、医薬品などの消耗品は多めに備蓄しておく
  • 浴室に椅子を置く
  • シャワーヘッドを手持ち式のものにする
  • 便座を高くする
  • 長い把手(とって)のついたワタシ、スポンジを用意する
  • 浴室やトイレの近くに手すりを設置する
  • 浴室には滑り止めマットを敷く

● 寝室

  • 可能であれば寝室を1階にする
  • タオル、寝具、汚れた衣類はすべて洗濯する
  • 部屋着やパジャマはゆったりしたものを着用し、腰から肩までの高さの引き出しやクローゼットにしまう
  • 常夜灯を設置する

● その他

  • 電話は常に、すぐに手に取れる場所に置いておく
  • コードレス電話や携帯電話の使用を検討する
  • ちょっとした移動にはキャスター付きの椅子が便利
  • バランスを保つのに自由に手を使えるようにするため、必要な物を携帯するためのウエストポーチ、小型のリュックサック、大きなポケットの付いたエプロンなどの使用をする

家族や友人の協力を取りつけておく

術後、できるだけスムーズに回復するためには、病院と自宅の往復、数週間続くリハビリ運動など、周囲の人からの手助けが必要になる場合があります。可能であれば、前もって家族や友人に連絡をして、これから手術を受けることを伝えると共に、必要なお願いなどがあれば、合わせて頼んでおきましょう。 自宅で手を貸してくれる方がいない場合は、在宅介護サービスについても調べておく良いかとも思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページの先頭へ